閉じる
  1. 【法】オンラインカジノの個人利用ユーザー逮捕 | 賭博罪ではやっぱり不…
  2. 【法】オンラインカジノ賭博の必要的共犯とは?過去の判例内容を参考に…(…
  3. オンラインカジノの策略 | ボーナスはもらうべからず?
  4. クレジットカード入金はオンラインカジノにとっても好ましくない?望んでい…
  5. 【法】私は中立的 | 京都府警オンラインカジノ個人利用者を逮捕の見解(…
閉じる
閉じる
  1. 【事件】そろそろ倒産か?フィリピンライセンスのオンラインカジノがヤバそ…
  2. 米国大統領選挙から見るアービトラージの基礎
  3. DDOS攻撃を受け続けているブックメーカーウィリアムヒルは使い続けても…
  4. オンラインカジノは何を基準に選ぶべきか?
  5. オンラインカジノと既存のギャンブル | パチンコや競馬を比較して選ぶ……
  6. クレジットカード入金はオンラインカジノにとっても好ましくない?望んでい…
  7. オランダ領キュラソー島はどこにある?オンラインカジノのライセンス国とし…
  8. オンラインカジノの策略 | ボーナスはもらうべからず?
  9. オンラインカジノの決済機関はなぜ島国に集中しているの?タックスヘイヴン…
  10. 【法】オンラインカジノサイトで現実のお金を賭けた個人ユーザーは賭博罪で…
閉じる

ビットコインカジノLaw

DDOS攻撃を受け続けているブックメーカーウィリアムヒルは使い続けても大丈夫?米国大統領選挙目前なのに

米国大統領選挙目前にウィリアムヒルにアクセスできない状態が続いております。DDOS攻撃を受け、ウィリアムヒルのサーバーがダウンしているそうです。

DDOS攻撃とは?

サーバの負荷や通量を増加させ、サーバのサービスを低下させることを目的とした DoS 攻撃。 これまで多くの有名サーバが被害に遭っており、主にいやがらせの手段として使われます。 さらにこの攻撃を悪質化させ、攻撃元を分散させたものが DDoS 攻撃です。 DDoS 攻撃は、もっとも防御が難しい攻撃手段と言われています。(引用:DDoS攻撃 – テクノロジー解説 – Cisco Systems)

これまでウィリアムヒルでスポーツBETを楽しんでいた人にとっては、ここ何日かは気が気ではない状態だと思います。賭けていた試合の結果も見ることすらできず、もどかしい思いをしている人もいるのではないでしょうか?

本当におすすめのオンラインカジノを再確認してみる

ここで、本当におすすめのブックメーカーやオンラインカジノサイトを再確認してみます。アクセス元の居住国がどこなのかを抜きに考えてみます。ライブカジノのルーレットやバカラ、ブラックジャックなどをメインでプレイされるのであれば、ウィリアムヒルは不向きなのかもしれません。今回の件があり、信用度の高いウィリアムヒルでもさすがに少し不安があります。

ウィリアムヒルはiPhone(iOS)の専用アプリも出しています。インストールしたときに居住国の確認を求められます。それだけ大手のブックメーカーと言えますが、アプリはあくまでアプリです。本格的にスポーツBETなども楽しむのであれば、パソコン版のウィリアムヒルにアクセスすべきです。

最近のオンラインカジノ事情として

カジノのテーブルゲームがメインならベラジョンカジノかジャックポットシティカジノが良いとの話を聞くようになりました。バカラゲームだとエンパイア777カジノが良いのは周知のことです。理由としては、ecoPayz(エコペイズ)を使った入出金の安定感が抜群だからです。

本格的にオンラインカジノで遊んでいる人は、「ecoPayzとセットで使うならベラジョン、もしくはジャックポットシティカジノかエンパイアカジノ」と覚えておいてください。ロイヤルベガスカジノもおすすめのオンラインカジノです。

そもそもDDOS攻撃の目的は何か?

冒頭で書きましたが、DDOS攻撃はサーバーに対する攻撃です。オンラインカジノサイトが家ならば、その土台となる部分をハンマーで叩いて破壊されそうになっている状態がDDOS攻撃です。単なる嫌がらせや、サイトに対して何かしらの敵意がある人間が攻撃を仕掛けている可能性が高いです。

なぜこのタイミングなのか?

このタイミングで起こるのは何か理由がありそうで興味深いです。しかし、ネット上を探してもそのことに言及したコンテンツが見つかりませんでした。

私は個人的に「米国大統領選挙が関係しているのかな」と思っています。なぜなら、ヒラリークリントンの大統領は、何度も言うようですが、確定だからです。

日本時間の11月8日午前にウィリアムヒルにアクセスしてオッズを確認することができました。ヒラリークリントンのオッズが1.2倍になっています。

100万円のBETで20万円の配当です。日本では日経平均や株価の影響に備えて、各機関がありとあらゆる情報を拡散していることだろうと思います。

ネット銀行や証券会社も大統領選挙で大騒ぎ

ジャパンネット銀行から、「米国大統領選挙の準備はどうですか?」とのメールが私宛に届いておりました。もしかして、ジャパンネット銀行で米国の次期大統領選挙に賭けられるようになったのかと思い、目を疑いました。

ジャパンネット銀行からのメールのリンクをクリックすると、動画付きで株価や、為替レートについての準備はどうですか、とのページが出たので、「ああそういう意味ですか」と納得しました。外貨を扱う金融機関や証券会社にとっては、それだけビックイベントなのでしょう。米国次期大統領選挙とは。

海外馬券が購入できるようになった背景 | ギャンブルを取り締まりながら勧める国が日本

先日、日本から海外競馬の馬券を購入できる機会があったそうです。ついにジャパンネット銀行もブックメーカー業界に足を踏み込んできたか、と少し期待してしまいました。現実的には近い将来の話である気がします。

ところで、海外馬券を購入できるようになったら、ハズレ馬券の売り上げはどこに行くのでしょうか?

ジャパンネット銀行や住信SBIネット銀行へ行くのでしょうか?

オッズは海外のブックメーカーと同じなのでしょうか?

これは興味深いです。ジャパンネット銀行や住信SBIネット銀行が、代わりに海外のブックメーカーに賭けて、ハズレ馬券の売り上げは己のモノにしていたら・・・。他人の褌で相撲をとっている状態です。

背景には、大きな利権争いがあると思います。海外馬券が国内から簡単に買えるようになることがメディアなどで認知されると、多くの競馬ファンが海外競馬にも興味を持つに違いありません。

日本の本屋に足を運んだ際に、「ギャンブル」というコーナーがありました。カジノの本があるかと思ったら、競馬のことについて書いてある本でコーナーが埋め尽くされていました。賭博を法律で取り締まっておきながら、これだけ公に賭け事を宣伝し、関連分野の市場も発達している国も珍しいです。

関連記事

  1. クレジットカード入金はオンラインカジノにとっても好ましくない?望…

  2. オンラインカジノと既存のギャンブル | パチンコや競馬を比較して…

  3. 米国大統領選挙から見るアービトラージの基礎

  4. オランダ領キュラソー島はどこにある?オンラインカジノのライセンス…

  5. オンラインカジノの決済機関はなぜ島国に集中しているの?タックスヘ…

  6. オンラインカジノの策略 | ボーナスはもらうべからず?

おすすめ記事

  1. クレジットカード入金はオンラインカジノにとっても好ましくない?望んでいない?
  2. オンラインカジノの策略 | ボーナスはもらうべからず?
  3. 【法】オンラインカジノ賭博の必要的共犯とは?過去の判例内容を参考に…(RAISE MAKE $ALL IN)
  4. 【法】オンラインカジノの個人利用ユーザー逮捕 | 賭博罪ではやっぱり不起訴!?
  5. 【法】私は中立的 | 京都府警オンラインカジノ個人利用者を逮捕の見解(TIEBET)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

最近のコメント

    ページ上部へ戻る